第12回北海道障害者スポーツ・健康開発研究会が今年は北海道岩見沢高等養護学校で行われました。
各種実践・研究報告の他、午後からは実際に遊具を使用し体験をするワークショップもありました。

▼北海道教育大学札幌校:安井友康 氏
DSCN1674a(2)    DSCN1678a

・11:00~ 研究・実践報告

■体調に応じた行動を自己管理するための取り組み~知的障害特別支援学校の事例~
▼北海道教育大学付属特別支援学校:加藤琢也 氏
DSCN1680a   PC080030a

■障害者スポーツのサポート体制について
▼北海道岩見沢高等養護学校:浅井謙作 氏
DSCN1681a   PC080033a

■障害者シンクロナイズドスイミングの現状とこれからの課題
▼北海道アダプテッドシンクロクラブ:村木典子 氏
DSCN1682a

■第20回障がい者北海道オープンゴルフ大会(実施報告)
▼特定非営利活動法人Kitemita.la:野作弘人 氏
DSCN1688a

・13:00~ 実践・研究報告

■わらしべ乗馬療育研修センターの取り組み~安全に楽しく馬と関わる~
▼わらしべ乗馬療育研修センター:江刺尚美 氏
DSCN1690a

■夕張から世界へ 障がい児・者スポーツの拠点を目指す「あ・りーさだの杜」(仮)
▼あ・りーさだ:正木英之 氏
DSCN1692a

■ボランティア活動による余暇支援
▼パーチェ:工藤麻里子 氏
DSCN1694a

■ボランティア活動による余暇支援
▼パーチェ:工藤麻里子 氏
DSCN1697a

■重度心身障害者の日中活動における支援者の動作に対する意識
▼札幌わらしべ園:近藤尚也 氏
DSCN1698a(1)

・14:15~ ワークショップ(スポーツの紹介と体験)→意見交流
PC080061a       PC080110a

PC080105a  PC080088a

PC080114a  PC080068a

■日 時
平成24年12月8日(土)9:00~17:00
■会 場
〒068-0014
岩見沢市東町2条8丁目960番地3
北海道岩見沢高等養護学校
(JR岩見沢駅近く、岩見沢バスターミナルより、中央バス「幾春別(いくしゅんべつ)行、
美唄(びばい)行、三笠(みかさ)行」に乗車、「新東町入口(しんひがしまちいりぐち)」停留所にて下車、徒歩10分)
■日程及び内容
・9:00~9:30 受 付
・9:30~9:40 開 会 式
・9:40~10:55
基 調 報 告
ドイツにおける障害児者の学校と地域スポーツ

・16:00~ 閉 会

■第12回障害者スポーツ・健康開発研究会  大会会長
北海道岩見沢高等養護学校校長
神田英治氏  実行委員小嶋義勝氏(委員長)、浅井謙作氏
研究会代表  北海道教育大学札幌校特別支援教育安井友康氏
■北海道障害者スポーツ・健康開発研究会
事務局    北海道教育大学 札幌校特別支援教育 安井友康 氏
〒002-8502
北海道札幌市北区あいの里5条3丁目
TEL/FAX 011-778-0433
北海道障害者スポーツ・健康開発研究会HP

■インフォメーション 2012年9月に明石書店から 障害児者の教育と余暇・スポーツ -ドイツの実践に学ぶインクルージョンと地域形成- 著者:安井友康、千賀 愛、山本理人 (定価2700円+税)が、出版されております。 ~著者コメント~ ロンドンパラリンピックでも問題になりましたが、メダル獲得数から見ると日本が不振に終わった背景には、学校と地域スポーツの連携がとれておらず、若い選手が育っていないという問題があります。 障害者の地域スポーツが盛んなドイツの地域スポーツと学校現場を取材し、多くの写真やインタビューを交え、今後の障害者スポーツ支援のあり方に迫ります。